筆ペン通信講座の比較と選び方

筆ペン通信講座の比較と選び方

 

「字が下手だから筆ペンなんて無理・・・」

 

いえいえ、そんな事は関係ありません。字が上手いとか、下手だからと言って、筆ペンが書けるとか、書けないとかは直接関係ありません。字が下手なら筆ペンで学べばいいだけの事ですから♪

 

数ある筆ペン通信講座から、おすすめの講座を選び比較します。芳名帳、熨斗、宛名、手紙、式辞等、様々なシーンで活かせる筆ペン講座の比較と選び方です。選び方は、価格、内容以上に重要なポイントがあります。

 

おすすめの筆ペン通信講座

たのまな(ヒューマンアカデミー)DVD付 速習実用筆ペン講座

標準学習期間:6ヵ月

添削回数:6回

価格:28,500円

【DVDで運筆がわかる】短期間で実用的なスキルが身につく事を第一に考えられたカリキュラム。熨斗袋や芳名帳など、いざと言う時のスキルが身に付きます。実践3日目からすぐに効果が実感!主任講師が恩師なのでオススメしたい(^_^;)

≫無料資料請求

がくぶん速習筆ぺん実用講座

標準学習期間:3ヵ月

添削回数:6回

価格:27,900円

【老舗がくぶんのノウハウ】ペン字指導70年の老舗がくぶんの洗練された教材。1日10分で、芳名帳・熨斗袋・挨拶状などの実用筆ペンをマスター。ボールペン感覚で楽しく美文字が書ける。1ヵ月半で別人です。

≫無料資料請求

ユーキャンの速習筆ペン講座

標準学習期間:6ヵ月

添削回数:10回

価格:35,000円

【最大手ユーキャン】やっぱり外せないのが最大手のユーキャンです。価格はやや高めですが、添削回数が多いのが特徴。テキストの見やすさもピカイチです。

ユーキャンの速習筆ペン講座

 

筆ペン講座の選び方

 

上記の各講座は老舗で実績があり、教材やカリキュラムがしっかりしているので、どの講座にしても後悔する事は無いでしょう。では、この各講座のどれを選べばいいのかというと、【添削回数】や【価格】など比較できますが、最終的には【好み】の問題となります。「え〜、何だよ結局好みかよ!」と突っ込みたくなるでしょうが・・・。

 

この【好み】が大問題なのです。

 

好みの書風

 

ここで言う【好み】とは『文字の書風の好み』を言います。書風とは書き振りの事です。つまり、練習する時は『好みの文字で書かれたお手本』でないといけないと言う事です。

 

特に筆ペンは、お手本の書風の違いが出やすく、講座によって全く異なります。自分の好みの書風で練習しないと楽しみも半減してしまいます。上達しても自分の想像と異なる書風になってしまいます。

 

まずは、それぞれの資料を見比べて、書風の違いを感じてみてください。もし書風の違いが分からなくても、「この文字の雰囲気が良いな・・・」と言う感じで良いです。自分の好みのお手本で、楽しみながらに上達しましょう。

筆ペンとは

 

筆ペンは書き味が違う 薄墨筆ペン御霊前・弔辞 コンビニで買える筆ペン

 

簡易毛筆として親しまれている筆ペン。そんな筆ペンの種類や用途、使用方法をご紹介します。筆ペンの使い道は無限大!様々なアイデアで楽しみましょう。

筆ペンとは

 

筆ペンの書き方

 

筆ペンで書く熨斗袋の見本 筆ペンで書く年賀状の書き方 筆ペンで書く年賀状の見本

 

筆ペンを実際どのように活用するのか、書き方をご紹介します。熨斗袋や芳名帳や宛名書き、更に賞状まで筆ペンで実際に書いてみます。

筆ペンの書き方