おすすめの筆ペン通信講座

おすすめの筆ペン通信講座

たのまな(ヒューマンアカデミー)DVD付 速習実用筆ペン講座

標準学習期間:6ヵ月

添削回数:6回

価格:28,500円

【DVDで運筆がわかる】短期間で実用的なスキルが身につく事を第一に考えられたカリキュラム。熨斗袋や芳名帳など、いざと言う時のスキルが身に付きます。実践3日目からすぐに効果が実感!

≫詳細ページ

がくぶん速習筆ぺん実用講座

標準学習期間:3ヵ月

添削回数:6回

価格:27,900円

【老舗がくぶんのノウハウ】ペン字指導70年の老舗がくぶんの洗練された教材。1日10分で、芳名帳・熨斗袋・挨拶状などの実用筆ペンをマスター。ボールペン感覚で楽しく美文字が書ける。1ヵ月半で別人です。

≫詳細ページ

ユーキャンの速習筆ペン講座

標準学習期間:6ヵ月

添削回数:10回

価格:35,000円

【最大手ユーキャン】やっぱり外せないのが最大手のユーキャンです。価格はやや高めですが、添削回数が多いのが特徴。テキストの見やすさもピカイチです。

ユーキャンの速習筆ペン講座

筆ペン講座を選ぶポイント

 

筆ペン講座を選ぶ際のポイントは幾つかあります。まず、添削回数です。添削回数が多ければ、それに越したことはありません。単純に多い方が良いと思います。

 

次に価格、価格はだいたい添削回数と比例しています。3万円前後の講座がほとんどですが、添削とテキスト教材を考えると、このお値段は妥当でしょう。例えば、単純比較はできませんが、美文字セミナーや教室の月謝と比べれば、とても安く感じると思います。

 

最重要ポイント

 

教材のクオリティやカリキュラムの内容、添削の質や価格に関して、比較すべきポイントはいくつかありますが、上記大手は長年の実績があり、安心できます。

 

これらの講座の最大の違いは【書風】です。書風とは文字の特徴の事だと考えてください。楷書を書いたとしても、書家によって特徴がかなり異なります。通信講座の場合は、主任講師の書風に合わせていると思います。

 

そして、【書風】に関しては良いも悪いもなく、完全に好みの問題になります。折角学んでも、自分の好みの書風でなければ、なかなか続きません。無料で資料請求できるので、実際に並べて比べてみる事をおすすめします。

 

『たのまな(ヒューマンアカデミー)DVD付 速習実用筆ペン講座』の主任講師は恩師だったりするので個人的におすすめですが、やはり書風に特徴があると思います。自分が習得する文字がその書風になるので、他の講座とシッカリ比べて選択してください。

おすすめの筆ペン通信講座関連ページ

筆ペン通信講座の効果
筆ペン通信講座を受講する事で、本当に上手に書けるようになるのでしょうか?受講したからと言って全く上達しなければ意味がありません。筆ペン通信講座の効果について検証します。
筆ペン通信講座の比較方法
筆ペン通信講座の受講をお考えの方に、数ある筆ペン通信講座の中からどの講座を選べばいいのか、その比較方法をご紹介します。
筆ペン講座の書籍〜美文字本〜
昨今の美文字ブームで、たくさんの美文字本が販売されています。筆ペン講座の本もたくさん売られています。筆ペン講座の書籍はどうなのか?考察します。