筆ペン 書き方 コツ 線

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太〜

 

筆ペンの書き方の1つのコツとして、線の細太があります。つまり、一文字の中に細い線と太い線を混在させる事です。この線の細太は適当にやれば良いと言う訳でもなく、基本的には『横画は細く』『縦画は太く』というルールがあります。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太〜

 

この書き方は筆ペンに限った事では無く、毛筆全般に言える事です。そう言えばこの線の細太ですが、どこかで見た事がありませんか?気が付いた方もいるかもしれませんが、一般的なフォントである【明朝体】が『横画は細く』『縦画は太く』というルールで書かれています。

 

太さを変えない場合

 

ボールペン等の硬筆の場合は関係ありませんが、筆ペンで漢字を書く場合に、すべての線を同じ太さで書くとカッコいい文字になりません。仮に字形が整っていても「やる気」が感じられませんよね。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の太さを変えない場合〜

 

線の細太を意識した場合

 

ここで、少しだけ『横画は細く』『縦画は太く』を意識してみます。筆ペンで、しかも一般生活で使う文字の場合、あまり極端に意識する必要はありませんが、少し意識しただけでも、文字の印象は大きく変わります。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太を意識した場合〜

 

文字が活きてくる

 

字形を整えて、少し線の細太を意識して、更に少し『線に躍動感を与える』と、筆ペンで書かれた文字は活き活きしてきます。書道作品では無く、一般的に使われる筆文字であれば、これで十分だと思います。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太で文字が活きてくる〜

 

難しく考えない

 

「筆ペンを学びたいけど、難しいに違いない…。」普通の人であればそう思う事は当然です。いきなり筆ペンの達人の文字を見た時、自分が普段書いている文字との差がありすぎて「無理無理!」と思うのも当然です。

 

しかし、こうして筆ペンのコツを段階を踏んで知り、楽しみながら練習すると、結構すぐに書けてしまいます。実は筆ペンのコツは理論が大半なんです。理論と言っても上記の3段かいくらいなんですよね。

 

筆ペンの書き方のコツ〜簡単な理論〜

 

何はともあれ、筆ペンの上達の秘訣は楽しむ事です。「おっ、上手く書けた」「あ〜線が曲がっちゃった」など、どんな文字になっても、アクシデントがあっても楽しめる人は上達が早いです。

 

お試しください♪

筆ペンの3大通信講座

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太〜関連ページ

筆ペンで書く熨斗袋の見本
筆ペンで書く熨斗袋の書き方をご紹介します。お手本と言うよりも見本です。熨斗袋はサインペンで書くよりも筆ペンで書いた方が断然喜ばれますよね。筆ペン講座でも必ずカリキュラムに入っている熨斗袋です。
筆ペンで書く芳名帳の見本
筆ペンで書く芳名帳の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なので、お手本にはしないでね。結婚式に招待された時、受付で芳名帳を書く際に筆ペンしか無い場合、焦りませんか?
筆ペンで書く行書の見本
筆ペンでの行書の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細筆ペン、季節のお手紙風に適当に書いてみました。
筆ペンで書く宛名書きの見本
筆ペンでの宛名書きの書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細と中字の2本。住所と名前で使い分けました。
筆ペンで書く【数字】の書き方
宛名書きを書くときに必ず必要になるアラビア数字。筆ペンで普通に書くとなかなかうまく書けません。ここでは筆ペンでアラビア数字をきれいに書く、ちょっと特殊なテクニックをご紹介します。
筆ペンで書く【アルファベット】の書き方
筆ペンでアルファベット書く機会は決して多くはありません。しかし、宛名書きなどで、会社名、マンション名等をアルファベットを書く機会があります。
筆ペンの書き方のコツ〜均等〜
筆ペンの書き方のコツと言うか、文字をきれいに見せるコツとして、大きな要素に【均等】があります。均等とは、空間の均等、上下左右の均等などの事です。この均等を習得できれば、ほとんどの文字に応用が効くので、かなり字の上達が実感できます。
筆ペンで書く卒業証書の名入れの見本
幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校など、校長先生は卒業証書に頭を悩ませている事と思います。卒業証書の名入れを筆ペンで書く見本をご紹介します。
筆ペンで書くお詫び状
社会生活でお詫び状を書く機会は少なくありません。特に商品やサービスを販売している会社では、お詫び状はつきものです。先日、通信販売を利用した際に、実際に筆ペンで書かれたお詫び状を頂いたので、ご紹介します。
筆ペンで書く写経の書き方の見本
お経と言ってもたくさんありますが、最もポピュラーな般若心経を写経してみます。お遍路などの巡礼でお寺に納経する場合、ペン字でも構わないと思いますが、やっぱり毛筆で書きたいですよね。でも、毛筆だと敷居が高い…。それであれば、筆ペンで写経しましょう。
筆ペンで書く年賀状の見本
筆ペンでの年賀状の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細筆ペン、私用したハガキは手持ちの適当なハガキです。ハガキは年賀状用としては向いていませんね。サンプルなのでご了承ください。
筆ペンで書く年賀状の書き方〜宛名の書き方〜
毎年恒例の年賀状も年々印刷が増えています。だからこそ筆ペンで書かれた年賀状は大きな意味を持ってきます。ここでは年賀状の宛名(表書き)の書き方をご紹介します。今年こそ、筆ペンでワンランク上の年賀状を出しましょう!
筆ペンで書く年賀状の書き方〜裏書きの見本〜
印刷の年賀状が増えている昨今、手書きで、しかも筆ペンで書かれた年賀状は大きな意味を持ちます。だって、筆ペンで書かれた年賀状を貰ったら『お〜っ!』って思いませんか?印刷の年賀状よりもワンランクもツーランクも上って感じがしますよね。今年の年賀状こそ、筆ペンに挑戦しましょう!