結婚式 招待状 宛名書き 筆ペン

結婚式招待状の宛名書きにおすすめの筆ペン

宛名書きを書く際は、2本の筆ペンを使い分ける事をおすすめします。おすすめの2本は『ぺんてる筆<中字>』と『ペンテル筆<極細>』です。小さな文字の住所と大き目の文字の名前で使い分けると良いでしょう。

 

『ぺんてる筆<中字>』と『ペンテル筆<極細>』

 

縦書きの宛名書きの場合、<極細>で郵便番号を書き、その次に<中字>で名前を書きます。※郵便番号はサインペン等でも大丈夫です。

 

名前はある程度の太さが欲しいので<中字>だと丁度いいです。<極細>でも書けますが、太さが出ないので避けた方が良いでしょう。

 

縦書きの宛名書きの名前はぺんてる筆<中字>

 

<中字>で名前を書た次は住所を書きます。住所は名前よりも文字が小さく、細くなります。<中字>で書ければそれで良いですが、<極細>の方がはるかに楽に書く事ができます。

 

縦書きの宛名書きの住所はペンテル筆<極細>

 

1枚の宛名書きでも<中字>と<極細>で使い分ける事で、書くのがだいぶ楽になります。1本で書ければそれで構いませんが、やっぱり難易度を下げて書いた方が良いと思います。

 

宛名書きの筆ペンは<中字>と<極細>で使い分け

 

横書きの場合も同じことが言えます。特に法人名等でたくさんの文字を書かなくてはいけない場合は<極細>が重宝します。

 

宛名の横書きも筆ペンは<中字>と<極細>で使い分け

 

結婚式のように格式が求められる場合は、毛筆で書く事が最上の方法です。しかし、筆ペンでも毛筆に遜色ないくらい高いクオリティで書く事が可能です。

 

筆ペンは技術が必要ですが、例え文字が上手でなくても印刷やペン字とは比較にならないほど気持ちが伝わります。

 

お試しください♪

筆ペンの3大通信講座

結婚式招待状の宛名書きにおすすめの筆ペン関連ページ

結婚式の招待状の宛名は筆ペンで!
結婚式の招待状の宛名書きは筆ペンで挑戦してみましょう。昨今の結婚式の招待状は印刷も増えていて、今では手書きと印刷で半々くらいです。しかし、折角の結婚式なので格式高くしていきましょう。
結婚式招待状の宛名書きを筆ペンで書くコツ
宛名書きを筆ペンで書く際には幾つかのコツがあります。初心者が思うように書けないと感じているなら、ぜひこのコツを試してみて下さい。ちょっとした事ですが、だいぶ書き易くなると思います。
筆ペンで書く『結婚式招待状の宛名書き』〜縦書きの見本〜
やっぱり結婚式招待状の宛名書きは『手書き毛筆』で書きたいところです。宛名書きは整然と書くと綺麗に見えます。どのように書けば良いのか?ここでは『縦書きの宛名』の見本をご紹介します。
筆ペンで書く『結婚式招待状の宛名書き』〜横書きの見本〜
昨今では、結婚式招待状は横書きが増えています。今では主流かもしれません、ここでは『横書き宛名』の書き方をご紹介します。印刷よりも、筆ペンで書かれた宛名は、格式が一気に上がりますよ♪