結婚式 招待状 宛名書き 筆ペン コツ

結婚式招待状の宛名書きを筆ペンで書くコツ

宛名書きを筆ペンで書く際には幾つかのコツがあります。初心者が思うように書けないと感じているなら、ぜひこのコツを試してみて下さい。ちょっとした事ですが、だいぶ書き易くなると思います。

 

宛名書きを筆ペンで書くコツ

 

筆ペンに限ったことではありませんが、宛名書きで最も難しいのは『真っ直ぐ書く事』です。慣れてくると書けるようになりますが、慣れないうちは鉛筆で下書きをしたり、枠線を引いて書いてみましょう。※鉛筆書きは薄く。

 

縦書きの場合は特に注意が必要です。それは汚れ対策です。日本語を縦書きで書くと、左の行から右の行へ進んでいきます。しかし、文字を書く際は右の行へ進むことは厄介な事です。

 

小さな文字を安定して書く場合は、どうしても手(小指外側)をついて書く事になります。そうすると、書いた場所に手を置く事になります。汚れやすいですよね。

 

そこで、書いた場所を汚さない対策をします。方法は2つで、1つは書いた行に紙を置く方法。もう一つは左の行から逆方向に書き進める方法です。

 

紙を置く方法

縦書きの宛名書きは紙を敷いて汚れを防ぐ

 

左の行から逆方向に書き進める方法

縦書きの宛名書きは左から逆方向に書き進む

 

個人的には下書きをしてから左から逆方向に書き進む書き方がおすすめです。書き終えて乾いたら、下書きを優しく消しゴムで消します。

 

宛名書きの下書きを優しく消しゴムで消します

 

縦書きを横書きも切手を貼る場所を確保

 

宛名書きで忘れがちなのは『切手のスペース』です。縦書きは左上、横書きは右上ですが、スペースを確保する事を忘れないようにしましょう。

 

お試し下さい♪

筆ペンの3大通信講座

結婚式招待状の宛名書きを筆ペンで書くコツ関連ページ

結婚式の招待状の宛名は筆ペンで!
結婚式の招待状の宛名書きは筆ペンで挑戦してみましょう。昨今の結婚式の招待状は印刷も増えていて、今では手書きと印刷で半々くらいです。しかし、折角の結婚式なので格式高くしていきましょう。
結婚式招待状の宛名書きにおすすめの筆ペン
宛名書きを書く際は、2本の筆ペンを使い分ける事をおすすめします。おすすめの2本は『ぺんてる筆<中字>』と『ペンテル筆<極細>』です。小さな文字の住所と大き目の文字の名前で使い分けると良いでしょう。
筆ペンで書く『結婚式招待状の宛名書き』〜縦書きの見本〜
やっぱり結婚式招待状の宛名書きは『手書き毛筆』で書きたいところです。宛名書きは整然と書くと綺麗に見えます。どのように書けば良いのか?ここでは『縦書きの宛名』の見本をご紹介します。
筆ペンで書く『結婚式招待状の宛名書き』〜横書きの見本〜
昨今では、結婚式招待状は横書きが増えています。今では主流かもしれません、ここでは『横書き宛名』の書き方をご紹介します。印刷よりも、筆ペンで書かれた宛名は、格式が一気に上がりますよ♪