薄墨 筆ペン 用途

薄墨筆ペンの用途

薄墨筆ペンの用途

 

ぺんてるの筆ペンで【薄墨】があります。穂先は通常の中字筆ペンと同じですが、カートリッジが紫色で、中に入っているインクは灰色です。この薄墨の筆ペンは何に使うのかと言うと、葬祭・不幸の際に使います。

 

薄墨筆ペンの用途

 

薄墨筆ペン御霊前・弔辞

 

薄墨は不祝儀袋で使われます。弔辞、熨斗に良く使われ、各法事の案内状も薄墨で書かれる事があります。薄墨を使うか否かは地方によっても異なります。

 

例えば、「悲しみが濃い」の意味合いで、濃い色の墨の方を使う地域もあります。ご自身の住まわれている地域がどのような習慣なのか確認しておくと、いざと言う時安心です。

 

筆耕の仕事

 

筆耕の仕事は毛筆を使い、通常は筆ペンは使用しません。しかし、薄墨だけは違います。薄墨の依頼があった時だけは薄墨の筆ペンを使用しています。※筆耕とは宛名や熨斗の代筆のお仕事です。

 

通常の墨で書く薄墨は、とても滲みます。これは技術的な問題では無く、どうしようも無い事なのです。その点、ぺんてるの薄墨筆ペンは、墨では無く特殊なインクを使用している為に滲みが少ないのです。これはとても助かります。

 

準備は良くないと言うが…。

 

薄墨の筆ペンは、不幸の際に使用するものです。不祝儀袋など、不幸で使用するものは普段から準備してはいけないと言われますが、どうでしょうか?皆さんならどうお考えになりますか?

トップへ戻る