筆ペン 持ち方

筆ペンの持ち方

筆ペンの持ち方

 

筆ペンの持ち方をご紹介します。書道の毛筆の経験がある方は戸惑う事も無いでしょうが、筆ペン初心者は持ち方に悩むかもしれません。持ち方は毛筆と同じなのか?鉛筆と同じなのか?解説します。

 

紹介する持ち方は、一般的に好ましいとされている持ち方で、「絶対にこの持ち方でなくてはならない」と言う訳ではありません。

 

【単鉤法】と【双鉤法】

 

書道の筆の持ち方には一般的に【単鉤法】【双鉤法】の2種類ががあります。【単鉤法】は小さな筆に適した持ち方、【双鉤法】は大きな筆に適した持ち方です。※あくまで一般論で様々な持ち方があります。

 

小筆の持ち方は【単鉤法】

 

【単鉤法】は、鉛筆の持ち方とほぼ同じだと考えてください。鉛筆の持ち方との違いは、毛筆の場合は穂先を効かせるために、筆を立てます。

 

大筆の持ち方は【双鉤法】

 

【双鉤法】は、小学校の習字の時間に習った持ち方だと思います。大きな筆を安定して持つことに適しています。

 

筆ペンは【単鉤法】

 

さて、筆ペンの持ち方ですが、筆ペンは【単鉤法】が適しています。つまり、小さな筆と同じだと言う事です。筆ペンも書かれる字が小さい分、細かいコントロールが必要となります。細かい動作は【単鉤法】が適しているという事です。

 

筆ペンの持ち方は【単鉤法】

 

基本的には鉛筆と変わりませんが、毛筆同様に筆を立てて持ちます。筆は、立てると線が細くなります。寝かせると線が太くなります。基本的には筆ペンも立てて、細い線を基本として考えます。

 

また、軽く持つことも大切なポイントです。筆ペンは力を込める必要がありません。下に掛る筆圧は筆ペンの自重だけで十分です。初心者は戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとコントロールできるようになります。

 

トップへ戻る