筆ペン 熨斗袋 見本

筆ペンで書く熨斗袋の見本

筆ペンで書く熨斗袋の見本

 

筆ペンで書く熨斗袋の書き方をご紹介します。お手本と言うよりも見本です。熨斗袋はサインペンで書くよりも筆ペンで書いた方が断然喜ばれますよね。筆ペン講座でも必ずカリキュラムに入っている熨斗袋です。

 

熨斗袋の書き方

 

2種類の熨斗袋

 

2種類の熨斗袋

 

熨斗袋を買うと、表題が入っている場合と、まっさらな場合があります。今回は、2種類書いてみます。※ここでの表題とは「御祝」「御礼」「寿」等の事を指しています。

 

目印を付ける

 

熨斗袋の書き方

 

文字を書くときに最も難しい事って、真っ直ぐに書く事だと思います。そこで、鉛筆で簡単に目印を付けておきます。本当は下書きをしたいところだけど、消すときに汚くなりそうなのでやめておきます(^_^;)

 

熨斗袋を真っ直ぐに書く

 

こんな感じ、筆ペンで熨斗袋を書く事になれている人は、目印は要らないでしょう。早くそんなレベルに達すると良いですよね。

 

書いてみます

 

筆ペンで書く熨斗袋の書き方

 

あとはガイドの目印に合わせてサクサク書いていきます。書き方のコツは、表題を大きく、名前はやや小さく、上下の間隔はそれぞれ文字1つ分程度です。

 

書きました

 

筆ペンで書く熨斗袋の見本

 

ちょっと細いですが、書き方としてはこんな感じです。字形に関しては、イロイロな書き方があるので参考にしないでください。乾いたら目印を消して完成です。筆ペンは通常の墨よりも乾くのが遅いので注意してください。

 

熨斗袋の応用

 

熨斗袋の応用として、会社名が入る場合、役職名が入る場合、連名が入る場合など、色々とあります。表題の文字数が多い場合も工夫が必要ですしね。

 

熨斗袋1つとってもなかなか奥が深いのです。

トップへ戻る