筆ペン 書き方 コツ 線

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太〜

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太〜

 

筆ペンの書き方の1つのコツとして、線の細太があります。つまり、一文字の中に細い線と太い線を混在させる事です。この線の細太は適当にやれば良いと言う訳でもなく、基本的には『横画は細く』『縦画は太く』というルールがあります。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太〜

 

この書き方は筆ペンに限った事では無く、毛筆全般に言える事です。そう言えばこの線の細太ですが、どこかで見た事がありませんか?気が付いた方もいるかもしれませんが、一般的なフォントである【明朝体】が『横画は細く』『縦画は太く』というルールで書かれています。

 

太さを変えない場合

 

ボールペン等の硬筆の場合は関係ありませんが、筆ペンで漢字を書く場合に、すべての線を同じ太さで書くとカッコいい文字になりません。仮に字形が整っていても「やる気」が感じられませんよね。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の太さを変えない場合〜

 

線の細太を意識した場合

 

ここで、少しだけ『横画は細く』『縦画は太く』を意識してみます。筆ペンで、しかも一般生活で使う文字の場合、あまり極端に意識する必要はありませんが、少し意識しただけでも、文字の印象は大きく変わります。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太を意識した場合〜

 

文字が活きてくる

 

字形を整えて、少し線の細太を意識して、更に少し『線に躍動感を与える』と、筆ペンで書かれた文字は活き活きしてきます。書道作品では無く、一般的に使われる筆文字であれば、これで十分だと思います。

 

筆ペンの書き方のコツ〜線の細太で文字が活きてくる〜

 

難しく考えない

 

「筆ペンを学びたいけど、難しいに違いない…。」普通の人であればそう思う事は当然です。いきなり筆ペンの達人の文字を見た時、自分が普段書いている文字との差がありすぎて「無理無理!」と思うのも当然です。

 

しかし、こうして筆ペンのコツを段階を踏んで知り、楽しみながら練習すると、結構すぐに書けてしまいます。実は筆ペンのコツは理論が大半なんです。理論と言っても上記の3段かいくらいなんですよね。

 

筆ペンの書き方のコツ〜簡単な理論〜

 

何はともあれ、筆ペンの上達の秘訣は楽しむ事です。「おっ、上手く書けた」「あ〜線が曲がっちゃった」など、どんな文字になっても、アクシデントがあっても楽しめる人は上達が早いです。

 

お試しください♪

トップへ戻る