筆ペン 行書 見本

筆ペンで書く行書の見本

筆ペンで書く行書の見本

 

筆ペンでの行書の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細筆ペン、季節のお手紙風に適当に書いてみました。

 

筆ペンで行書を書いてみた

 

行書は気持ちいい

 

書道の稽古は「楷書に始まり楷書に終わる」等と言いますが、この言葉は身に沁みます。筆ペンで書くときも、楷書が最も基本ですが、最も難しいと言えます。その点、行書の方が気持ちよく書く事ができます。

 

簡単に言ってしまうと、楷書よりも行書の方が易しいのです。初心者の方にとっては、行書で書いた文字は「すごい!」と感じるかもしれませんが、行書は許容が広いので、型にはまった楷書よりもリラックスして書く事ができます。

 

行書に馴染みのない方にとっては、自分が書くイメージが湧かないかもしれませんが、実は行書には基本ルールが存在するので、そのルールさえ知ってしまえばある程度は書けてしまいます。

 

筆ペンで書く行書の練習

 

右の行から書く際は、紙を用意して、手をつく場所に置くと汚れ対策になります。手紙のように小さくて細文字を書く事は、初めのうちは難しいかもしれませんが、これは完全に慣れの問題なので、たくさん書いているうちに書けるようになります。

 

憧れではありません

 

「筆文字で、しかも行書で手紙が書けたら…」筆ペンを学ぼうと考えている方はそう思っているかもしれません。筆文字で凛とした手紙を書く事が出来たら、貰った相手はとても喜ぶことでしょう。

 

筆ペンで書く行書の手紙見本

 

書道の先生でもない限り、筆文字の手紙なんて不可能なのでしょうか?いえ、決してそんな事はありません。行書には基本的なルールがあります。そのルールをまず知ってしまう事です。そして、今は筆ペンと言う便利な用具があります。

 

筆ペンがあれば、誰にでも書く事は可能なのです。

トップへ戻る