筆ペン お詫び状

筆ペンで書くお詫び状

筆ペンで書くお詫び状

社会生活でお詫び状を書く機会は少なくありません。特に商品やサービスを販売している会社では、お詫び状はつきものです。先日、通信販売を利用した際に、実際に筆ペンで書かれたお詫び状を頂いたので、ご紹介します。

 

 

通販の商品が…

 

先日、楽天市場でカーマット(車の中に敷くマット)を購入しました。この商品は、発送目安が2〜5日と書いてあったのですが、2週間しても商品は届きません。

 

急いでいたわけではないので、「在庫切れで入荷待ちかな」と思い、3週間まで待ちました。しかし、やっぱり届かず、データ上でも発送していませんでした。

 

そこで、ついにショップへメールで問い合わせてみました。

 

メールはすぐに返信されてきました。内容は「当方の手違いで未発送でした」の内容。つまり、忘れていたって事ですね。内容は平謝りでした(^_^;)

 

2日後に到着

 

そして、メールのやり取りから2日後、商品は無事に到着しました。めでたしめでたし♪商品到着のお詫びの品として、タオルがおまけで入っていました。そして、お詫び状も入っていました。

 

 

完全にショップのミスなので、お詫び状が入っていたわけですが、手書きでしかも筆ペンで書かれていたので、感心です。やっぱり手書きの方が誠意が伝わりますし、筆ペンであれば尚印象は良くなりますよね。

 

ありがたいけど

 

いや、手書きで筆ペンで書かれているので、これ以上は望みません。字が上手か否かは、この際関係ないと思います。

 

・・・が、

 

やっぱり、上手に書かれていた方が一層印象は良くなりますよね。字が上手でないと言って、怒る人はいないと思います。だけど・・・上手である事に越したことはありません。

 


※参考例に使ってしまってごめんなさい。

 

今の時代、筆ペンで字が書けることはとても貴重な事なんです。貴重だからこそ、喜ばれます。また、貴重だけど、誰だって練習すれば上達できるのです。だって、昔の人はみんな筆で書けたのですから。

トップへ戻る