筆ペン 写経 見本

筆ペンで書く写経の書き方の見本

筆ペンで書く写経の書き方の見本

お経と言ってもたくさんありますが、最もポピュラーな般若心経を写経してみます。お遍路などの巡礼でお寺に納経する場合、ペン字でも構わないと思いますが、やっぱり毛筆で書きたいですよね。でも、毛筆だと敷居が高い…。それであれば、筆ペンで写経しましょう。

 

写経用の紙は書道用品店や画材屋さんで簡単に手に入ります。※だいたい般若心経のお手本が付属しています。

 

 

筆ペンはぺんてるの極細です。中字でも書けますが、極細の方が筆のコントロールが簡単です。

 

 

書きはじめます。あまりきれいに書こうと思わずに、無心になって淡々と書いていきます。

 

 

書き終えた場所には紙を置いて汚れを防止しています。

 

 

サクサク書いていきます。筆ペンのコツは軽く持つ事です。親指、人差し指、中指で支えてる程度。筆がグラグラしない程度の力加減です。

 

 

お経が書けたら、為書きと住所、氏名、日付を書きます。今回は、本文と区別がつきやすいように行書で書いてみましょう。

 

 

出来上がりました。1枚書くのに40分くらいです。

 

毛筆に慣れている人は、筆ペンよりも毛筆の方が良いのでしょうけれど、一般的には筆ペンで十分です。筆ペンであっても、通常の毛筆と遜色は無い完成度で書けると思います。また、筆ペンは墨の継ぎ足しが必要ないから早く書けます。

 

お試しください♪

トップへ戻る