筆ペン 年賀状 書き方 宛名

筆ペンで書く年賀状の書き方〜宛名の書き方〜

筆ペンで書く年賀状の書き方〜宛名の書き方〜

毎年恒例の年賀状も年々印刷が増えています。だからこそ筆ペンで書かれた年賀状は大きな意味を持ってきます。ここでは年賀状の宛名(表書き)の書き方をご紹介します。今年こそ、筆ペンでワンランク上の年賀状を出しましょう!

 

使用する筆ペンは2種類、ペンテル筆ペン【中字】と【極細】

 

使用する筆ペンは2種類、ペンテル筆ペン【中字】と【極細】で書きますが、理由は単純。小さな文字は【極細】で、少し大きな文字は【中字】で書くからです。【中字】1本でも書く事は可能ですが、【極細】の書き易さを知ってしまうと、手放せません♪

 

書く順番

 

宛名書きを書く最大のコツは『書く順番』です。書く順番は左の行から書いていきます。最大の理由は汚れ対策ですが、左の行から書いた方が、書き終わった行を見ながら次の行を書けるので、真っ直ぐ書けて、全体のバランスを感じながら開く事ができます。

 

年賀状の宛名書きは左の行から書こう!

 

レイアウト

 

年賀状の宛名書きの書き方です。宛名書きのレイアウトの基本は以下のようになりますが、神経質になりすぎないように注意してください。全体的にバランスよくすっきりしていれば問題ありません。

 

左右のレイアウト
  • 宛名・・・ハガキ全体のど真ん中
  • 宛先住所・・・右のスペースの真ん中
  • 差出人+差出人住所・・・切手の真下

 

上下のレイアウト
  • 宛名・・・書き出しは文字一つ分程度下から
  • 宛先住所・・・書き出しは宛名より上、書き終りは宛名より上。2行になる際は上辺を揃える。(2行目の段落を下げてもOK)
  • 差出人・・・書き出しはハガキ中央より下から
  • 差出人住所・・・書き終りが差出人より上

 

筆ペンで書く年賀状の書き方〜宛名の書き方〜

 

今回は楷書に近い行書で書いてみました。宛名に関しては、印象を良くすること以上に、郵便屋さんが確実に配達してくれることが重要です。あまり崩し過ぎちゃって読めないと大変ですからね。なので、誰にでも読める楷書や楷書に近い行書がおすすめです。

トップへ戻る