筆ペンで書く!令和の書き方

筆ペンで書く!令和の書き方〜美しく書くための2つの要素とは

筆ペンで書く!令和の書き方〜美しく書くための2つの要素とは

2019年5月1日から新元号『令和』となりました。年賀状をはじめ、これから筆ペンで令和を書く機会が増えるでしょう。ここでは、筆ペンで書く『令和』の書き方をご紹介します。

 

※朱墨筆ペンで書いた『令和』

 

令の書き方

 

令和の『令』ですが、『卩』でも『マ』でもどちらでも構いません。政府が令和を発表した時は『卩』でした。政府としても「どちらでも構わない」と言っています。

 

本来であれば、活字の形が『卩』で、手書きの形が『マ』です。古典的に見ても『卩』の形は見かけません。『卩』は活字になる際に飾られた形なのです。かといって、手書きで『卩』を書いても間違いではないので、好みで使い分けてください。

 

今回は、本来の手書きの形である『マ』で進めていきます。

 

 

筆ペンの技術

 

筆ペンの技術を考えた場合、大きく分けると2つの要素が必要になります。

 

  • 字形
  • 筆使い

 

筆ペンで美しい字を書く場合にまず必要なのが『字形』を整えることです。枠の中心にバランスよく、大きさも揃えて書く必要があります。

 

そして、筆ペンという道具を使いこなす『筆使い』です。ペン字の達人も毛筆の達人も「筆ペンが苦手」とおっしゃる方がいます。これの大きな理由が『筆使い』なのです。つまり、慣れていないということですね。

 

文字が美しくなるための『字形』と、筆ペンの『筆使い』に慣れる事。この二つの要素が筆ペン上達のカギになります。

 

 

令和の字形

 

※筆ペンで書いた『令和』の字形について

 

まず、『令』と『和』の文字の大きさが均等になるようにします。特に、『和』が小さくならないように注意!『令』が小さくてもバランスはとれますが、『令』が大きくて『和』が小さいとアンバランスになります。

 

『令』は人やねを大きめに書き、中の点とマをやや小さめに書くのがコツです。人やねは上から2/3くらい下まで左右にノビノビ広げます。あとは中心線を意識して、人や根の接点、マの接点が中心線の上になるようにします。

 

『和』は偏の禾と旁の口の関係がポイントです。禾に対して口は上下に空間が空くように真ん中に書きます。禾は2画目を左に長く、右側は短くして中心線くらいで揃うように書きます。口は横長の形にして、縦画は下に横画は右に少し出るように書きます。

 

 

令和の筆使い

 

 

※令和の『令』の筆使い

 

1画目は左から右方向に筆を入れてから左下に払います。ちょっと高度なテクニックですね。2画目は下から上にうねるように筆を入れてから右下に向かいます。

 

点はただ打つのではなく、点を入れてから一度力を抜いて抑えなおします。

 

マは45度で筆を入れます、一度力を抜き筆の角度を変えてから左下に向かいます。最後の点も3画目の点と同様に最後に抑えなおしてから筆を上げます。

 

 

 

※令和の『和』の筆使い

 

1画目は左から右下に向かい筆を入れ、若干左下に払います。2画目は角度を立てた状態で筆を入れやや右上に向かいます。3画目の終筆は一度抑えなおしてから筆を上げます。4画目は巻き込むように筆を入れます。

 

口の6画目は筆を巻き込むように始筆します。7画目は右に向かったのち一度角度を変えて筆を入れなおし下に向かいます。

 

 

 

筆使いに関して

 

今回の筆使いの解説を見て分かりますが、筆の起筆で進行方向と逆から入れたり、巻き込みながら入れたりしています。実はこれは上級者向けの難しいテクニックなのです。

 

筆使いに関しては教える先生によって様々です。これは誰が正しいとかではなく、好みの問題になります。

 

筆ペン講座によって筆使いが異なることは珍しありません。むしろ当然のことです。せっかくなら自分の好きな字形やテクニックを習得したいところです。だからこそ自分の好みに合うように複数の講座の資料を取り寄せて見比べることをおすすめしています。

ポイントは楽しんで学ぶこと!自分の気に入った書風の講座でワンランク上の美文字を手に入れよう!!

>おすすめの筆ペン通信講座<

トップへ戻る